syou_body.jpg

凝りについて

みなさん、肩や腰は凝っていませんか?この『凝り』ですが、『凝り』とはいったい何なんでしょう?どうして起こるのでしょう?本日はこの『凝り』について、少し説明していきます。

筋肉は「筋繊維」とよばれる細胞が集まってできています。筋線維の中には、アクチンとミオシンという細長いたんぱく分子が、並んでいて、このたんぱく分子同士がスライドするように互いのすき間へ滑りこむことで、筋肉全体が収縮する仕組みです。しかし、筋肉が凝って血流が低下し、細胞内のエネルギーであるATP分子(アデノシンサンリン酸)が欠乏すると、アクチンとミオシンがくっついて離れなくなります。この筋肉が収縮したままの状態が良く聞く、『凝り』の状態です。では、筋肉が凝り固まると、どうなるかというと毛細血管が圧迫されて血流が悪くなり、代謝物が筋肉内部にたまります。これが外に染み出て周辺の末梢神経は圧迫されたり、傷ついたりすることで刺激され、イヤな痛みの感じを起こすのです。

筋肉の中には毛細血管が入りこんでいて、血液を通して細胞に新鮮な酸素と十分な栄養を届けてることで細胞が活き活きと活動できるのです。なので、血流を良くすることで細胞が活性し、筋肉の凝りが解消されるのです!
では、具体的に『凝り』ができないためにはどうしたら良いかというと・・・

・適度な運動をする(ウォーキング、ストレッチ)
・冷やさない、あたためる(湯船に浸かる等)
・ストレスを溜めこまない

このように『凝り』のメカニズムがざっくり分かるだけでも、日頃からの対処方法が見えてきますね。寒暖差や緊張により筋肉はこわばり、固くなりやすいので、
適度に動かしたり,温めたりして,筋肉が固くならないように気を付けてくださいね♪

Copyright Aroma & BodyDesign Salon “EARTH COLOR”. All Rights Reserved.